Customer's Blog

CG12_R


journal standard Furnitureが家を考えました。

"集う時間"を楽しむリビングや"魅せる"を楽しむ

ダイニングなど家具をプラスして完成させる 

それが journal standard Furniture HOUSEです。

「リノベーションも興味あるし、ヴィンテージ感はすきだけど

やっぱり住むなら新築が絶対にいい!」

味わいを感じながら洗練された空間と時間を提案します。

828dcbea5835b75c8afee7e1d68cf727

CG06_R

journal standard Furnitureの感性とHOMAの 確かな家づくり技術が

ひとつになり「新しいカタチの家」を作りました。

 JSF HOUSEのコンセプトは、「家具をプラスすることで完成する家」

「家に帰り、最初に腰を下ろすソファは、どんな座り心地がいいだろう?」

 「食事を楽しむダイニングテーブルは、どれほどの広さがベストだろう?」

 住む人それぞれが理想のライフスタイルを思い描き、 それを投影できたなら

新築に住む喜びも、長く住む楽しみも深まるはず。

この喜びと楽しみが備わった瞬間、JSF HOUSEは完成します。


CG07_R

開放的な吹き抜けと一体型の空間で、"家族が集う時間"を演出し

玄関を抜けると目の前に広がるのは、13.7帖の開放的な吹き抜けスぺース。

リビング、ダイニング、キッチンをひとつの空間とすることで、

家族が集まりやすく コミュニケーションが生まれやすい空間を目指しました。

1階・2階に設けられたグリット窓からは、明るい陽射しが降り注ぎ

思わず心地良く昼寝したくなる"くつろぎの空間"に。

お気に入りのソファやテーブルと、家族の笑顔。

至福のひとときをお楽しみください。

CG08_R

家の中心であるキッチンスぺースは、キッチンに立ちながら

 味わいと機能性を備えたオールステンレスキッチン。

 リビング・ダイニングを一望できる広々としたアイランド型。

 料理をしながらリビングでくつろぐ家族と会話したり、
 
できあがったメニューをスムーズに用意できます。
 
たくさん人が集まるホームパーティーでも広々と十分な

スぺースを確保することが 可能で、パントリーや

ユーティリティスぺースとして使えるバックヤードを備え

片付けや整理整頓もしやすいのが魅力的です。

海外のレストランの厨房のようなオールステンレスキッチンは

使い込むことで 味わい深く愛着が湧いてくるはず。

 毎日の料理や片付けが楽しくなる、そんなキッチンです。


CG10_R

CG02_R

歴史を感じさせるヴィンテージ感と現代的なモダンさを持ち合わせた外観。


外壁のレンガタイルは、プロダクトテーマである


アメリカ東海岸エリアを彷彿とさせる仕様のひとつ。


経年変化で味の出たレンガの風合いと懐かしさを感じさせる色合いを 表現した


1階外壁と、2階外壁の金属サイディングとの張り分けにより 重厚感と洗練さを


同時に与え、ヴィンテージ感とモダンが共存する仕様に。


大きなウッドデッキでは、庭のグリーンを眺めながら、お茶や食事を楽しんだり、


ゆったりとくつろげたりと、贅沢なひとときを味わえます。


CG01_R

家族や友人が"集う時間"を想定し、こだわりのデザインと利便性を両立。


リノベーションに興味がある、ヴィンテージ感が好き、でもやっぱり


住むなら 新築住宅がいい。そんなニーズに応えるべく、アメリカ東海岸を彷彿とさせる


古き良きヴィンテージ調の"デザイン"と、住み手の生活に寄り添った"利便性"の


両立を目指して完成したのが、この『JSF HOUSE』です。


デザインは、古い街並みを思わせるレンガタイルの外観や、


N.Y.ブルックリンの工場をイメージした洋小屋組みを採用したリビングなど


ジャーナルスタンダードファニチャーらしい意匠を散りばめました。


また、使いやすいオールステンレスのアイランド型キッチンを採用し、


家族のライフステージに合わせて変えられるフリースペースを準備するなど


実用面も抜かりありません。 さらに「家具をプラスすることで完成する家」の


コンセプトをバックアップする ジャーナル スタンダード ファニチャーが


セレクトした家具とセットの オプションプランもご用意。


ぜひ、"自分らしさ"のある家づくりをお楽しみください。


CG03_R



yjimage


アトピー・シックハウス・ぜんそく・鼻炎・花粉症が気になる方、必見!


石原工房ショールームにて「空気がいい家」を実際にご体感ください。

 

私たちは、お客様が心と体を健やかに暮らせる居心地の良い住まいを目指し、


「音響熟成®木材」と「幻の漆喰®」、「清活畳」でつくる「空気がいい家」。

 

「幻の漆喰®」「幻の漆喰® ピュアケアウォール®」は、


花粉症の原因物質を低減・抑制する効果が実証されています。

 

木の家が気になる方、本物の健康住宅をお探しの方、どうぞお気軽にお越しください。


石原工房のショールームに足を運んでいただいた方は


花粉の反応がないことを実感していますので


ぜひ、体感してください。違いを感じて頂けると思います。




無添加という言葉を聞いて皆様はどのように感じられますか?

「添加物が入っていないので体に良く健康になれる」と

感じられる方がほとんどではないでしょうか。

実際、添加物が多く使われているより、出来る限り

入っていないほうが体に良いことは間違いないでしょう。

しかし「無添加」という表示は、添加物が一つでも入っていなければ、

無添加として商品が出せるという曖昧な定義のもとにあります。


yjimage6

例えば、合成着色料を使用していない商品であれば、

防腐剤が入っていてもその商品は無添加商品といえるのです。

食品はもちろん、石鹸やシャンプー、化粧品など私たちが口に入れるものから

肌に直接ふれるものに「無添加」という言葉を目にしていることでしょう。

その中で「全成分無添加」という商品、ましてや原料もすべて無添加という

商品などは見ることは少ないと思います。いえ、ほとんどないでしょう。

では、全ての原料・成分が無添加であれば安全なのでしょうか?


yjimage5

また、私たちが日々住まう家を考えたときはどうでしょうか。

やはりすべて無添加とは言えません。

住宅の内部を可能な限り木や漆喰などの自然な材料で作ったとしても、

お風呂、キッチン、トイレ、サッシ、換気扇、照明などの設備機器は

化学建材になるでしょうし、木の表面は何か塗っているのではないか、

また塗っている場合、その塗料は安全なのか、

使用されている接着剤・防蟻剤は大丈夫なのかなど。

さらに木の原産国はどこなのか?素材は天然そのままなのか?

 内壁の材料は? などなどたくさんの疑問が生まれてくるでしょう。


yjimage7

また、全くの自然のものであっても、木を糊で固めた集成材であっても、

海外から入ってきて薬品づけになっていても、表面に何か塗ってあっても、

防腐剤や糊が使用されている珪藻土も、自然素材がひとつでも入っていれば、

その商品は全て自然素材という枠の中にくくられてしまいます。

家においては「自然素材」=「無添加」という

イメージも強いでしょうが、どちらにしても定義は曖昧なのです。


yjimage9

それでも出来る限り自然に近い無添加といえる家を建てたとして、

安全で健康であるといえるのでしょうか。

花粉症やアトピーなど、何かしらのアレルギーを持つ人口は

3分の1以上ともいわれ、シックハウス症候群や

化学物質過敏症も増えている現在は、食べ物や水、

日用品だけでなく、家づくりにおいても家族や自分の体のために

健康を考えている方が多くなっています。


yjimage21

ビニールクロスが主流だった壁も、和紙や漆喰・珪藻土などの呼吸する素材が

増え合板使用の新建材から天然無垢材の床が増え、

化学建材から発生するガスをなくそうと無添加で

健康的な素材が選ばれるようになりました。

しかし、本当の健康住宅かどうかの判断も難しいし、

無添加なだけでは健康な家とは言い切れないのです。


y1jimage

生活をしていく上で必要なもの、家具・家電・衣類などの生活必需品なくしては、

ほとんどの方が不便と思われることでしょう。

では、家具・家電・衣類などの生活必需品から化学物質のガスが

放散していることはご存知でしょうか?

それらを無添加の家にいれてしまうとどうなるか…。

もう答えはお分かりですね!

そうです、無添加の家は放散されたガスを吸収してしまい、

今までと同じ不健康な家になってしまうのです。


yjima2

では、どうすれば本当に健康な住宅をつくることができるのでしょうか?

そのためには、様々なものから放散されているガスを

「吸着し分解する」必要があるのです。

そうすることで本当の健康な住宅は生まれるのだと考えています。


yjimage3

カイケンコーポレーションでは「本当の健康住宅」を真剣に考え、

「幻の漆喰」「清活畳」「音響熟成木材」という健康自然建材を開発しました。

この健康自然建材をバランスよく使用することで、呼吸をし、化学物質を分解し、

さらには清々しい空気を作り、快適で安全な住宅を生み出すことができました。

また「幻の漆喰」においては、ホルムアルデヒド分解速度や

鳥インフルエンザウイルスを100万分の1に抑制するなどの結果も得ています。



これこそが、「引越した後も本当の健康住宅」なのです。


4a332f05ade4ac7bb3c46c472cb5eac8

長野市篠ノ井では、壁を遮熱材で覆っていきます。

熱は対流・伝導・輻射によって温度の高い方から低い方へ温度が等しくなるまで移動を続けます。

夏場、屋根・外壁は太陽の熱線によって熱され赤外線によって段階的に熱が室内に侵入します。

遮熱材は熱移動の中で多くの割合を占める輻射を99%遮断し対流と伝導は所定の工法によって

熱移動の3原則を複合的に対策することが本来の「熱の移動を防ぐ」ことにつながるのです。


S__3711010

S__3711021

遮熱材リフレクティックスとは・・・

輻射熱を反射する熱遮断材料です。従来の断熱材は「熱伝導を遅らせる」ことで

対策していますが、時間の経過とともに熱侵入・熱損失が発生してしまいます。

しかし、リフレクティックスは所定の工法によって対策をとることで、

熱線を99%反射させることができ、これまでの

断熱材を遥かに凌駕する省エネ効果が期待できるのです。

S__3711063

S__3711022


夏の暑さ対策

熱線を遮り、室内の冷エネルギーを逃さない。

太陽から絶え間なく降り注ぐ「電磁波(赤外線)」は 各物体に入り込み、

物体の構成分子を激しく動かし 「輻射熱」を持たせます。

そして再び物体から温度の4乗に比例した 「赤外線」が放射されるのです。

リフレクティックスは赤外線による輻射熱移動を 99%カットし室内を涼しく保ちます。

goto