音響熟成木材

音響熟成木材

浮造りの床

幻の漆喰

清活畳

音響熟成木材

音響熟成木材
 木が持つ本来の美しさ品質を保ちつつ、
            コストを抑えた自然乾燥。

 目を閉じれば本当の森の中でくつろいで
   いるような清々しい香りと空気に癒されます。

1. 常温で音響熟するので、木材の細胞が破壊されず生き生きしています。
2. 保水性が高い。雨時に保水し、乾燥時に水分の発散を行い風邪やインフルエンザの予防効果も期待できます。
3. 調湿性能が良くなり、結露防カビ対策に役立ちます。
4. 保湿性に優れ、体感温度が人肌に近く、一年中素足の生活が楽しめます。
5. 油分が多く含まれているため、見た目も美しく、防菌作用に優れています。


木材
木材の品質を決める感想方法

木造住宅で最も重要となるのは素材となる木材。

その木材の質を決めるのは木の「乾燥方法」だと言われています。
その乾燥方法も色々ありますが、一般的には「自然乾燥」と「機械乾燥」に
大きく分かれます。

まず、木材にとって最も良い方法は「自然乾燥」ですが、乾燥にとても時間がかかり、乾燥途中で割れることや変形することがあり、ロスが多いため非常に割高になります。

逆に機械乾燥は短い時間でできるために、多くの企業が採用していますが、
機械によって一気に高温に上げるため、木材の最も大切な油分やエキスが、
水分と共に蒸発、木本来の美しさや機能が失われるというデメリットがありました。



高品質、低コストの「音響熟成木材」

そこで考え創り出したのが「音響熟成木材」。
常温熟成庫の中で38℃でクラシック音楽を聴かせ、熟成乾燥させます。
木の細胞が破壊されることなく、木材の持つ油分やエキスがそのまま残り、保湿作用・保水作用・防菌作用を持ち合わせ、時間とともに美しいツヤも出てきます。

木が持つ本来の力を生かすことで、本物の自然素材を生み出し、様々な効果を生みだしたのです。
弊社のショールームや完成見学会にて、音響熟成木材のマイナスイオン効果を十分に感じて頂けます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

木材
ムク材や土、紙などの自然素材を使った家は、シックハウスの原因物質が少ないので空気の質が良く、自然素材そのものが呼吸することにより自然の調湿効果もあり、とても快適に暮らすことができます。

湿気の調節が良いとカビやダニを防ぐばかりでなく、夏の暑さも軽減されさわやかな体感を実感できます。
また、健康にやさしいだけでなく、木材を使うことは地球の環境に貢献したことにもなります。
リサイクル可能な資源であるということと、その重量の1/2にもなるCO2を大気中から吸収しますので、地球温暖化の対策にも貢献できるのです。

木材はこれからの環境リサイクル社会の主役ともいえます。
実際の「音響熟成木材」は、ショールームでご覧いただけます。是非、来て・見て・触って実感してください。


うづくりの床

浮造りの床



inquiry

goto