私らしい暮らし! 群馬の家 vol.12

1212

line

1

ウッドデッキに屋根が流れる漆黒の三角形の家

子どもを授かったことがことが家づくりのきっかけとなり、ご夫婦は健康にやさしい音響熟成木材と幻の漆喰の家を

建てました。「ベランダは要らない、寝室に南窓はいらない、部屋数もいらない。代わりにLDKを充実させたい」

その結果、たどり着いたのは片流れの屋根の家でした。足触りが心地いいうづくりの床を配したリビングは、

南面の大開口の先にゆったりとしたウッドデッキが広がっています。この伸びやかなデッキを北から南へ

流れる大きな屋根が深い軒となって包み込み、雨や日差しをコントロールしてくれます。

3

音響熟成木材でデザインしたカウンターテーブルに棚を設置し、コーヒーグッズを並べて見せる収納を楽しみます。

2

リビングからフラットにつながる間仕切りのない清々しい畳の空間はゴロリとくつろぐのに便利です。

5

2階のホール部分にはカウンターと本棚を音響熟成木材でデザインした書斎コーナーを設置しました。

大きな窓からは外からの日差しが入ってくるのでとても明るい空間となりました。

6

木の香りに満たされる広々とした玄関ホールの先には愛犬専用のお部屋と洗面台を設置しました。土間部分にも収納を完備。

8

リビングからつながったウッドデッキは空間を広げてみせてくれます。雨や夏の日差しもさえぎるので子どもと遊んだりできます。

9

黒い外壁と大きな片流れの屋根が特徴の三角の外観。屋根の形状をいかして10.8kwの太陽光パネルを搭載しました。 庭には将来、芝生を植えてドックランをつくって、デッキでコーヒーを飲みながらワンチャンが走る姿を見守りたい。そんな夢があります。とご主人。
7

音響熟成木材バスユニットを採用しました。毎日の入浴を森林浴にする今までにない癒しと健康、音響熟成木材のお風呂でしか味わえない、木のぬくもりと香り・・・それは、心も体もしんからくつろげる家族だけのかけがいのないひとときをつくってくれます。

家づくりパートナー 『幻の漆喰』と『音響熟成木材』でつくる空気のきれいな健康住宅

良い家を一つでも多くの家族に届けたい----。そんな思いから石原工房は生まれました。

現在の住宅は、断熱性や機能性に優れる反面、昔の家にはなかったさまざまな化学物質が

使用されている場合が多く、それが原因で「シックハウス症候群」などの症状に苦しむ人が増えてきました。

そんな「健康に不安を感じる家づくり」をしないために、私たちは厳選した自然素材にこだわり

「家族がいつまでも幸せに暮らせる健康住宅」を目指しています。

構造材や造作材に使用する木材は、常温熟成庫の中でクラシック音楽を聞かせて熟成乾燥させた

「音響熟成木材」。細胞が破壊されず、木の持つ油分やエキスがそのまま残るため、

時間とともに美しいツヤも生まれます。また、壁には自然素材の「幻の漆喰」を使用。

伝統の技術と最新の技術で融合させた壁材で、空気中の化学物質を吸着・分解し、光熱触媒作用で

半永久的にクリーンな生活環境を保ち続けます。

まずは体感型のショールームで、素材や空気感の違いを感じてください。

「入った瞬間、空気がきれいで深呼吸したくなる」と、お客さんからご好評をいただいております。

関心のある方は、お気軽にお問合せください。これまでにない新たな発見があるかもしれません。

strapline

63503b08f99cfb775a63bdf5768352b0

1311

2018-vol.14_R
0283838f1916ec9dc71c7cb623589d9f
goto