心も身体もほっこり!「 薪ストーブ 」のある暮らし

P1070236.JPG

朝晩とても寒くて暖房をかならず使うと思いますが

みなさんは、どんな方法で「 暖 」をとっていますか?

いろいろな暖房器具の中から、本日は「 薪ストーブ 」について・・・

薪ストーブの一番の特徴は、石油ストーブやエアコンなどと違い

ストーブが燃える熱とは別に「 遠赤外線 」で体の芯から温まること。

その感覚は、真冬の寒い日にお風呂に浸かるあの瞬間のようなやさしい暖かさ。

じんわりと体の芯から温まり、ストーブが本格的につけばスリッパなども必要ありません。

匂いも一度火がしっかりついてしまえば、まったく気になりませんし結露もないんです!

そして、揺らめく炎を眺めていると人は不思議と心が安らぎ癒されます。

そ~んな「 薪ストーブ 」をショールームで体感できますよ!!
(焼き芋を焼いている日があるかも!?笑)

石原工房では、取り付けからアフターメンテナンスまで対応いたします。

安心してお任せください!!

我が家のこだわり。外構とお庭、デザインのヒントに。

estina2.jpg

触れて感じる季節の空気。我が家のお庭空間を素敵にデザインしませんか?

estina3.jpg

ESTINA-STYLE エスティナでは、1邸1邸ていねいにプランニングいたします。

estina1.jpg

毎日使うお庭だからこそ使い勝手良く、かつ綺麗でおしゃれに。

メンテナンスしやすい範囲で手描きでご提案いたします。

estinaみどり 有限会社石原工房

前橋市内、本日上棟です。 

本日、前橋市にて上棟いたしました。天気にも恵まれ汗ばむ感じ!

S__5799962.jpgS__5799963.jpg

屋根までのって家の全景が見えてきました。カッコイイ!!

S__14442508.jpgS__14442510.jpg

構造見学会 開催いたします。見られなくなる前にぜひ、自分の目で確かめてください。

事前予約にて承ります。改めて発信いたしますのでお楽しみに!!

基礎断熱型枠タイト・モールド

基礎断熱型枠は基礎の強度、施工性、シロアリ対策に非常に優れております。

S__14041098_0.jpgS__14041096_0.jpg

タイトモールドは断熱材の素材にホウ酸を混ぜ合わせ、シロアリの被害から断熱材を保護。

さらに断熱材上部には堅牢なアルミ製防蟻笠木を取付けることで

シロアリの侵入を二重で防ぎます。

23619_0.jpg23611_0.jpg

基礎工事が終わり次第、上棟です。その都度 見学できますのでご予約下さい。

+*+*先週よく見られた施工事例*+*+

ドッグランのあるライフスタイルに合わせた平屋
1QLS0496_R.JPG1QLS0469_2_R.jpg
【群馬県高崎市 T様邸】

お庭を人工芝にしてワンちゃんがのびのびと走り回れるドッグラン
お手入れ簡単な樹脂製のウッドデッキに!
内と外をつなぐウッドデッキ。リビングの延長として読書やお茶をしたり・・・
その他、水廻り・収納などお施主様のこだわりたくさん!

詳細はコチラ!

「無添加」というだけでは「健康住宅」と言えない?

無添加という言葉を聞いて皆様はどのように感じられますか?

「添加物が入っていないので体に良く健康になれる」と

感じられる方がほとんどではないでしょうか。

実際、添加物が多く使われているより、出来る限り入っていないほうが

体に良いことは間違いないでしょう。

しかし「無添加」という表示は、添加物が一つでも入っていなければ、

無添加として商品が出せるという曖昧な定義のもとにあります。

例えば、合成着色料を使用していない商品であれば、

防腐剤が入っていてもその商品は無添加商品といえるのです。

食品はもちろん、石鹸やシャンプー、化粧品など私たちが口に入れるものから

肌に直接ふれるものに「無添加」という言葉を目にしていることでしょう。

その中で「全成分無添加」という商品、ましてや原料もすべて無添加という商品などは

見ることは少ないと思います。いえ、ほとんどないでしょう。

では、全ての原料・成分が無添加であれば安全なのでしょうか?

子ども.jpg

また、私たちが日々住まう家を考えたときはどうでしょうか。

やはりすべて無添加とは言えません。

住宅の内部を可能な限り木や漆喰などの自然な材料で作ったとしても、

お風呂,キッチン,トイレ,サッシ,換気扇,照明などの設備機器は化学建材になるでしょうし

木の表面は何か塗っているのではないか、また塗っている場合、その塗料は安全なのか、

使用されている接着剤・防蟻剤は大丈夫なのかなど。さらに木の原産国はどこなのか?

素材は天然そのままなのか? 内壁の材料は?

などなどたくさんの疑問が生まれてくるでしょう。

また、全くの自然のものであっても、木を糊で固めた集成材であっても、

海外から入ってきて薬品づけになっていても、表面に何か塗ってあっても

防腐剤や糊が使用されている珪藻土も、自然素材がひとつでも入っていれば、

その商品は全て自然素材という枠の中にくくられてしまいます。

家においては「自然素材」=「無添加」というイメージも強いでしょうが

どちらにしても定義は曖昧なのです。

母子.jpg

それでも出来る限り自然に近い無添加といえる家を建てたとして、

安全で健康であるといえるのでしょうか。

花粉症やアトピーなど、何かしらのアレルギーを持つ人口は3分の1以上ともいわれ、

シックハウス症候群や化学物質過敏症も増えている現在は食べ物や水、日用品だけでなく

家づくりにおいても家族や自分の体のために健康を考えている方が多くなっています。

ビニールクロスが主流だった壁も、和紙や漆喰・珪藻土などの呼吸する素材が増え

合板使用の新建材から天然無垢材の床が増え、化学建材から発生するガスをなくそうと

無添加で健康的な素材が選ばれるようになりました。

しかし、本当の健康住宅かどうかの判断も難しいし、

無添加なだけでは健康な家とは言い切れないのです。

生活をしていく上で必要なもの、家具・家電・衣類などの生活必需品なくしては

ほとんどの方が不便と思われることでしょう。

では、家具・家電・衣類などの生活必需品から化学物質のガスが

放散していることはご存知でしょうか? それらを無添加の家にいれてしまうとどうなるか...。

もう答えはお分かりですね! そうです、無添加の家は放散されたガスを吸収してしまい

今までと同じ不健康な家になってしまうのです。

yjimage.jpg

では、どうすれば本当に健康な住宅をつくることができるのでしょうか?

そのためには、様々なものから放散されているガスを「吸着し分解する」必要があるのです。

そうすることで本当の健康な住宅は生まれるのだと考えています。


カイケンコーポレーションでは「本当の健康住宅」を真剣に考え、

「幻の漆喰」「清活畳」「音響熟成木材」という健康自然建材を開発しました。

この健康自然建材をバランスよく使用することで、呼吸をし、化学物質を分解し、

さらには清々しい空気を作り、快適で安全な住宅を生み出すことができました。

また「幻の漆喰」においては、ホルムアルデヒド分解速度や

鳥インフルエンザウイルスを100万分の1に抑制するなどの結果も得ています。

これこそが、「引越した後も本当の健康住宅」なのです。


 ⇓ これ何か わかりますか?

S__5636105.jpg
正解は・・・

24時間換気システムの床下に設置するダクトなんです!
家族にとって理想の環境を保つ24時間換気システム
夏は室内空間がサラリ、冬は過乾燥防止で1年を通して快適です。
床面排気で快適生活・楽々メンテ(`・ω・´)b
SUMIKA-澄家-の換気は省エネ健康快適
今なら構造見学会で見ることができます。詳細もお尋ねください。

「完成したら見えなくなってしまう部分大公開!!」
構造見学会 みどり市笠懸町内にて開催中 ~7/中旬まで予定
ご予約お待ちしております。