2019年1月 4日

「無添加」というだけでは「健康住宅」と言えない?

「無添加という言葉を聞いて皆様はどのように感じられますか?
「添加物が入っていないので体に良く健康になれる」と感じられる方がほとんどではないでしょうか。実際、添加物が多く使われているより、出来る限り入っていないほうが体に良いことは間違いないでしょう。
しかし「無添加」という表示は、添加物が一つでも入っていなければ無添加として商品が出せるという曖昧な定義のもとにあります。

 例えば、合成着色料を使用していない商品であれば、防腐剤が入っていてもその商品は無添加商品といえるのです。食品はもちろん、石鹸やシャンプー、化粧品など私たちが口に入れるものから肌に直接ふれるものに「無添加」という言葉を目にしていることでしょう。その中で「全成分無添加」という商品、ましてや原料もすべて無添加という商品などは見ることは少ないと思います。
いえ、ほとんどないでしょう。
では、全ての原料・成分が無添加であれば安全なのでしょうか?

 また、私たちが日々住まう家を考えたときはどうでしょうか。
やはりすべて無添加とは言えません。住宅の内部を可能な限り木や漆喰などの自然な材料で作ったとしても、お風呂、キッチン、トイレ、サッシ、換気扇、照明などの設備機器は化学建材になるでしょうし、木の表面は何か塗っているのではないか。また塗っている場合、その塗料は安全なのか、使用されている接着剤・防蟻剤は大丈夫なのかなど。さらに木の原産国はどこなのか?素材は天然そのままなのか?
内壁の材料は? などなどたくさんの疑問が生まれてくるでしょう。

 また、全くの自然のものであっても、木を糊で固めた集成材であっても、海外から入ってきて薬品づけになっていても、表面に何か塗ってあっても、防腐剤や糊が使用されている珪藻土も、自然素材がひとつでも入っていれば、その商品は全て自然素材という枠の中にくくられてしまいます。家においては「自然素材」=「無添加」というイメージも強いでしょうが、どちらにしても定義は曖昧なのです。

 それでも出来る限り自然に近い無添加といえる家を建てたとして、安全で健康であるといえるのでしょうか。花粉症やアトピーなど、何かしらのアレルギーを持つ人口は3分の1以上ともいわれシックハウス症候群や化学物質過敏症も増えている現在は食べ物や水、日用品だけでなく家づくりにおいても家族や自分の体のために健康を考えている方が多くなっています。

 ビニールクロスが主流だった壁も、和紙や漆喰・珪藻土などの呼吸する素材が増え合板使用の新建材から天然無垢材の床が増え化学建材から発生するガスをなくそうと無添加で健康的な素材が選ばれるようになりました。しかし、本当の健康住宅かどうかの判断も難しいし、無添加なだけでは健康な家とは言い切れないのです。

 生活をしていく上で必要なもの、家具・家電・衣類などの生活必需品なくしては、ほとんどの方が不便と思われることでしょう。
では、家具・家電・衣類などの生活必需品から化学物質のガスが放散していることはご存知でしょうか? それらを無添加の家にいれてしまうとどうなるか...。
もう答えはお分かりですね! そうです。無添加の家は放散されたガスを吸収してしまい今までと同じ不健康な家になってしまうのです。

 では、どうすれば本当に健康な住宅をつくることができるのでしょうか?
 そのためには、様々なものから放散されているガスを「吸着し分解する」必要があるのです。そうすることで本当の健康な住宅は生まれるのだと考えています。


 「本当の健康住宅」を真剣に考え、「幻の漆喰」「清活畳」「音響熟成木材」という健康自然建材をバランスよく使用することで、呼吸をし、化学物質を分解し、さらには清々しい空気を作り、快適で安全な住宅を生み出すことができました。
また「幻の漆喰」においては、ホルムアルデヒド分解速度や鳥インフルエンザウイルスを100万分の1に抑制するなどの結果も得ています。

これこそが、「引越した後も本当の健康住宅」なのです。

実現した健康なからだと暮らし

1 (4).jpg

実現した健康なからだと暮らし

 
シックハウスという言葉が提唱されたのが1995年のことでした。本来は安らぎや癒しの空間である「家」が

原因で健康を損なってしまう・・・そんな現代の家づくりを素材から見直し、本物の健康自然建材を使った

空気のいい家は『 ご家族の毎日を癒しいつまでも幸せに暮らせる健やかな日々 』という願いを今現在、

石原工房はお客様とともに叶えています。住んでからも健康であり続ける住まいをめざし、愛着を持って

末永く住み続けられる家・・・そんな家づくりを実行していきます。

音響熟成木材は乾燥方法が違います。

乾燥方法.jpg

音響熟成木材は、乾燥方法が違うんです。

日本で使われる木材の七割以上は輸入材ですが

音響熟成木材の原木は国産材にこだわり

南九州産の杉だけを使用します。

柱や床材など森からなど森から伐採された木は

用途によってさまざまな状態に製材されます。

乾燥方法としては、高温短時間乾燥させる

一般的な乾燥方法だと、早く沢山の木材を乾燥できますが

ミイラ化し本来の力をなくしてしまう恐れがあります。

木がカラッカラに乾燥し弱ってしまうのです・・・なので

音響熟成による乾燥方法クラシック音楽の流れる

熟成庫でじっくり常温乾燥させる

カイケンコーポレーション独自の乾燥法で

音楽の波動で余分な水分だけを抜くので

木の細胞が壊れることなく、木が持つ本来の

油分エキスがたっぷり残って

使うほどに味が出る木材に仕上がります。

乾燥時のストレスがないので、木材がイキイキとしているのです!

この「乾燥」という過程が木材の質を左右する大事なポイント

音響熟成木材は、木の油分豊富なので

キッチンやお風呂などの水まわりも大丈夫なのです。

こだわりの健康素材をつかった建材で健康住宅を。

新築や改築後の住宅などでは、化学物質を使った建材や内装材を多く使用することにより、室内の空気が化学物質で汚染され、居住者に様々な体調不良を生じさせる問題が増加しています。

現在の住宅は、断熱性や機能性に優れた反面、昔の家には使われていなかった様々な化学物質が使用され、それが原因となって「目やのどが痛い」「頭痛がする」「吐き気がする」「皮膚に刺激を感じる」など、シックハウス症候群と呼ばれるこの症状に苦しむ人々が増えてきました。

「家に居ると体の具合が悪くなる」というのでは、気持ちも体も休まらないどころかこれから先住み続ける間に、どれほどの化学物質が体に蓄積されるのか不安もつのります。

そんな「健康に不安を感じる家づくり」をしないために、自然素材や天然素材やこだわりの健康素材を使った「健康住宅」を目指し家と皆様の健康を末永く応援する家づくりを推進しています。


kanai1.jpg

天然木材や無垢材のような調湿効果のある内装材を使用することはシックハウス予防に非常に効果的です。

また、有害物質を半永久的に吸着分解する『幻の漆喰』。

常温の熟成庫の中でクラッシック音楽を聴かせながらゆっくり熟成乾燥させた『音響熟成木材』。

さらにその『音響熟成木材』を薄く挽き表面を何度もこすって年輪の凸凹を際だたせた『うづくりの床』。

マイナスイオンを半永久的に発生させる竹炭を6畳2間でドラム缶1本分も充填した『清活畳』。

昔ながらの建材を今に活かす温故知新の知恵を持った体に優しい建材達なのです。

2019年1月 1日

自然素材を使うだけでは健康住宅はできない

2QLS0306.JPG2QLS0251.JPG2QLS0320.JPG

住宅のツンとするにおい・・・これは新築のにおいではありません。それは化学物質のにおいです。人間が1日に食べる量はおよそ2kgです。しかし、呼吸による空気の量はおよそ15kgにもなります。1日居る家の空気は食べ物以上に大事です。

居心地のいい家の空気は家族が健康な毎日を過ごせる。石原工房では自然素材さえ使えば健康住宅という考え方ではなく本当の家づくりを提案いたします。

今の文明社会では家具・電化製品・本・衣類と共存して生活しています。ご存知のことと思いますがそれらの多くの工業製品からも、たくさんの化学物質が放散されています。もしそのガスを自然素材が吸い込んでしまったら呼吸を繰り返す自然素材の中にはその悪いガスが溜まってしまい、そのうち飽和状態に陥ってしまいます。

その結果、行き場を失った化学物質が室内に吐き出され、悪い空気環境の不健康住宅に一変してしまうのです。

もし毒を食べ物から接取した場合と、空気から接取した場合とではどちらが悪影響が強いか知っていますか?実は空気からの方が10倍悪いのです。変な臭いがしても人間の鼻は2~3分で慣れてしまいますので、実に恐いことです。

本物の健康住宅を造り上げるには、家具・電化製品・衣類・本などから発生する化学物質を吸着し、分解する必要があります。先にも触れましたように、吸着だけでは施和状態に達し、ガスが充満してしまうからです。一般的な自然素材だけでは対応しきれないのです。しかし『幻の漆喰』は化学物質を吸着して分解します。他の漆喰と大きく違う点は、その分解能力が備わっているということです。

光もしくは熱を吸収することにより反応し、空気中の細かいゴミや有害物質を吸い込んで表面に付着した汚れや手垢などを分解してくれます。(光熱触媒) 

その結果室内の空気環境が半永久的にクリーンな空気をつくり、素晴らしく健康的で心地よい居住空間が出来上がります。


大地を抱え込むように抑えた深い軒 群馬県太田市

AL2C5862_R.jpg
外観

太田市 U様邸

大地を抱え込むように低く抑えた深い軒、リズミカルに連続する窓伸びやかな水平ラインが

強調されたゆったりとした外観は、溶け込みやさしく馴染み、安心感をもたらします。

本当に良いデザインは決して色褪せることがありません。

流行に左右されず、何十年経っても愛され続けることでしょう。

AL2C5881_R.JPGAL2C5883_R.JPGAL2C5876_R.jpg
■外観

美しい直線が目を引く、洗練された外観デザイン。

周囲の景色に馴染むように、外壁はナチュナルな色合いに。
                
AL2C5591_R.JPGAL2C5555_R.JPGAL2C5566_R.JPG
■ダイニング・キッチン      ■リビング           ■リビング・ダイニング 

『音響熟成木材』と『幻の漆喰』で実現した『自然素材にこだわった健康住宅』

折り上げ天井に配したコーブ照明が、自然素材でつくり上げた空間を優しく照らします。

AL2C5607_R.JPGAL2C5633_R.JPGAL2C5651_R.JPG
■ダイニング・キッチン      ■キッチン           ■キッチン

AL2C5661_R.JPGAL2C5667_R.JPGAL2C5675_R.JPG
■キッチン            ■キッチン           ■洗面脱衣所

リビングからも見渡せるシンボリックなレンガの壁が空間を引き締めながら、独特な存在感を放っています。

『音響熟成木材』と『レンガ』を組み合わせてつくった、世界に一つだけのあなただけのキッチンです。

AL2C5780_R.JPGAL2C5786_R.JPGAL2C5803_R.JPG
■子供室

子ども部屋の一角に『音響熟成木材』でデスクを設置。

クローゼットも『音響熟成木材』の天然の防虫剤、湿気取り効果と

『幻の漆喰』の天然の空気清浄器の相乗効果で、子どもにも安心で理想的な収納空間です。

AL2C5687_R.JPGAL2C5714_R.JPGAL2C5759_R.JPG
■洗面脱衣所           ■玄関             ■主寝室

洗面脱衣所は3帖あり広々、収納棚も設置。『音響熟成木材』と『幻の漆喰』でいつでも清潔です。

キッチンからの動線も便利です。

木片で形づくったデザインが印象的な玄関扉。

AL2C5582_R.JPGAL2C5564_R.JPGAL2C5669_R.JPG
■リビング           ■ダイニング          ■パントリー

AL2C5704_R.JPGAL2C5851_R.JPGAL2C5696_R.JPG
■玄関(収納)         ■玄関ドア   

AL2C5678_R.JPGAL2C5681_R.JPGAL2C5711_R.JPG
■洗面脱衣所          ■ユニットバス         ■トイレ

AL2C5756_R.JPGAL2C5811_R.JPGAL2C5708_R.JPG
■階段


.

.

.

.

お客様の声.jpg

知って得する魔法の「小冊子」ご来場プレゼント

  • 無料相談会